猫語翻訳アプリ・MeowTalkを使ってみた😼

ぼくの言ってること、わかってるでしょ?

MeowTalkというスマホアプリ、ご存知でしょうか。

猫の鳴き声を人の言葉に翻訳してくれるものなんですが、なんでもAmazon「Alexa」の機械学習チームのエンジニアだった方が開発したそうで。
ゆうが言いたいことは、仕草などと合わせてだいたい理解できているつもりではいるけれど、面白そうなので入れてみました!

インストールしたばかりの画面

入れたての画面。モコモコの猫がかわいい。笑
このあとユーザー登録とか、猫の性別や年齢などの登録をしていきます。

ねこ登録後の起動画面

ゆうを登録したらこんな画面に。

真ん中のアイコンをタップすると、声を認識する状態になります。
長押しだと認識した声の翻訳結果はそのまま登録されていき、普通のタップだと、1回ずつ翻訳結果を見て、そのまま登録するか修正するかを選べる状態に。
翻訳結果はHistory画面にたまるので、あとから修正することも可能。

そうして学習を繰り返すことで精度が高まるというのが、このアプリの特徴みたいです。
さすがAlexaの元エンジニア…!
期待が高まります😻

★もう少し詳しい使い方は、こちらの記事がよさそうですー。

翻訳&録音データがたまったところ

1週間ほど使ってみて、翻訳結果もだいぶたまってきました。

こうしてみると、意外と語彙が豊富!
上から2つめ、ちょっと怒っているっぽいのは、あんまり変なことした記憶はないですが…あ、ちょっと撫ですぎた時かな…。

4つめ〜5つめは、クローゼットの中を見たくてドアの前で鳴いていた時なので、ゆうの気持ちはちゃんと反映されている感じ。

そして、翻訳結果を登録した鳴き声は、録音が残ります…!

飼い主を呼ぶ時のきゃわゆい声がいつでも聞けるってたまらんですよね…😻
短めですが、ゴロゴロいう声もちゃんと残ってます。
疲れた時の癒やしに、とてもよさそうです。笑

ちなみに声の認識具合ですが、ゴロゴロ音を認識する割に、小さい声や短めの鳴き声にはあまり反応せず…。
そして、人間が猫の鳴き真似をする声には、反応します。笑
そのへんの精度は、今後に期待ですかねー。

もっと仲良くなれるかにゃ?

今年はこれを使って、ゆうとの関係をより深めていきます😻

ーーー

2021/4/24 追記
このアプリ、登録しなくても使えますが、していないと機種変更した時にデータが引き継がれない場合がありそうです。
先日iPhoneを機種変更した際、iTunesでバックアップしたデータを移行しただけでは鳴き声のデータは復活せず、ログインの必要がありました。
なので、声のデータを大切にとっておきたい方は登録・ログインするのがオススメです😺

 

▼ブログランキングに参加してます。
お時間ありましたら応援の1クリック、よろしくお願いします( ´ᆺ`)

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ


コメントを残す